NPO概要

団体名 特定非営利活動法人 高齢者を支える学際的チームアプローチ推進ネットワーク(通称:ミシガンネット)
英文表記 Michigan - Japan Network to Promote an Interdisciplinary Team Approach for Support of the Elderly
所在地住所 東京都目黒区東山1-8-6-604
連絡先 お問合せフォームからお願いします
事務局 事務局長兼会計担当 山本 由子
設立年月日 2002年5月15日 東京都知事認証
代表者 辻 彼南雄

理事長

加瀬 裕子

早稲田大学人間科学学術院 教授、南カリフォルニア大学 招聘研究員

副理事長

亀井 智子

聖路加国際大学看護学部教授、聖路加国際大学研究センターPCC実践開発研究部部長、WHO看護助産開発協力センター長兼務

理事

辻 彼南雄
ライフケアシステム・メディカルディレクター

一般社団法人ライフケアシステム代表理事、医療法人社団互酬会水道橋東口クリニック理事長・院長

 

神山 裕美

大正大学人間学部社会福祉学科教授

 

平原 佐斗司

東京ふれあい医療生活協同組合 副理事長、梶原診療所 在宅総合ケアセンター長/病棟医長、オレンジほっとクリニック所長

 

Ruth Campbell

慶成会老年学研究所ソーシャルワーカー

 

Mariko Abe Foulk

ミシガン大学ヘルスシステム老年医学センター臨床ソーシャルワーカー、ミシガン大学ソーシャルワーク大学院非常勤講師

 

秋山 弘子

東京大学教授

 

大蔵 暢

やまと在宅診療所大崎 院長

 

山本 由子

東京医療保健大学 老年・在宅看護学 准教授

 

武安 眞珠

公益財団法人調布ゆうあい福祉公社 事業課 担当主幹

 

監事

鈴木ヨシモト直美

(株)GCI(訪問看護ステーション芍薬/芍薬青葉母体組織) 代表取締役

 

顧問
Jeffery B.Halter
ミシガン大学老年医学センター長・医学部教授、元全米老年医学会会長

事業の目的 高齢者ケアに関わる多職種の専門家と高齢者、その家族などによる「チームアプローチ」を基盤として、研究・教育・実践者への支援など関連事業を行い、高齢者の生活の質の向上と生きがいづくりに寄与することを目的とします。
設立趣旨 ケアを要する高齢者の心身の状況および生活向上のためには、高齢者の状況に応じたケアマネジメントの技術導入、あわせて保健・医療・介護・福祉の各サービスの連携・統合化を図っていく必要があります。しかしながら、現在までのところ、地域社会におけるサービスの整備と実施体制の実現には至っていない現状にあります。
高齢者の自立を支援するために、より質の高いケアを提供し、保健・医療・介護・福祉等の専門職が互いに連携・協働する「チームアプローチ」の手法の確立、実践が望まれます。
1991年、私たちはこの課題および関連分野において高い評価を得ている米国ミシガン大学との間で日米共同研究プロジェクトを組織し、「ミシガン大学老年学夏季セミナー」を中心に、研究交流を重ねてきました。10年間にわたる活動を通し、ミシガン大学および関連機関とのネットワークが拡大、さらに日本国内においても職種、地域を超えてその輪はますます拡がっています。高齢者自身のみならず家族、地域、延いては社会全体を豊かで活力あるものとしていく上で、今までの蓄積を基に継続的に活動していくことは、誠に有意義であると確信します。
ここに私たちは、特定非営利活動法人「高齢者を支える学際的チームアプローチ推進ネットワーク(通称ミシガンネット)」を設立します。今後もミシガン大学との連携をとりながらチームアプローチの情報提供機関としての役割を担い、それを基盤とした研究・教育・実践者への支援および関連事業を行い、もって、高齢者の生活の質の向上と生きがいづくりに大きく貢献し、公益に寄与したいと念願するものであります。
特定非営利活動の種類
  • 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  • 社会教育の推進を図る活動
  • 国際協力の活動
  • 以上の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
事業内容 (特定非営利活動)
  • 高齢者ケアに関する相談および教育・訓練事業
  • 高齢者ケアに関する調査研究事業
  • 高齢者ケアに関する国際交流事業
  • 高齢者ケアに関するチームアプローチの普及および啓発事業
  • その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

 

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せフォーム

ページトップに戻る